2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017 10

ブックマークボタン


プロフィール

カイ

Author:カイ(こんな人
Nikon D50OLYMPUS E-30を所有(Canon EOS 40Dは売却)
現在はE-30をメインに使ってます、相変わらず素人丸出しの試行錯誤な日々(苦笑)

デジタル一眼レフについて素人視点でグダグダ書き綴るよ。


デジタル一眼レフのコミュニティ&リファレンスサイト

デジタル一眼ライフ

こっちもヨロシク!

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

落陽

西の山に日は落ちて
落陽が川面を照らす頃
東の空から闇が近づいてくる
落陽

橙と青
2つの色が入り混じり、空を染め上げる

私は写真を撮っている、写真を撮る事を楽しんでいる
レタッチ(加工)する為の素材を撮っているのではない
撮影後の加工に頼らず、撮影時に自分好みの色になるようにしよう

何時の頃からだろう、そう考えるようになった。

2007年01月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:8

コメント

カイさん、こんばんわ。

レタッチの件、自分もあまりいじらない派です。
理由は、いじる技術がないからという
至極単純な理由なんですけど(笑)

まっ、クリエイティブな世界ですので、
誰がどんなことをしてもかまわないのだろうと思います。

で、自分的に感覚的に境界線を引いているのは
あんまり後から色々すると、それは「絵」になってしまうぞ・・・という感覚です。

だからといって、明確な境界線はないんですけど・・・

2007年01月28日 NOBUNOBU URL 編集

NOBUNOBUさん同様、写真をいじらないのは自分ルールってやつです。
以前は積極的に画像加工していたのですが、純粋に写真を楽しみたいと言う事でやめました。
後行程で見ながら補正するのと、結果を予想して設定をいじくるのでは結果は同じになっても、心情的に随分違うものがありまして・・・
WBも露出補正もRAWなら後から何とでもなりますが、敢えてその場の状況で選ぶ事で撮影する楽しさを楽しんでます。

D50は仕上がり設定をいじるだけで撮れる写真が結構違うので、被写体や状況に応じてフィルムを変えるようにちょいちょい変更してます。

2007年01月29日 カイ URL 編集

こんばんは。
夕焼けのお写真ですが、単純に綺麗というより
構図の7割を川?を入れて闇にしたその大胆さが
とても想像力が膨らみすごく良いと思いました。
その中の夕焼けがいいアクセントになってるような
気がします。

私は今のところJpeg7割、RAW3割程度でしょうか。
風景を撮るときなどは、ここの設定はどうするんだっけ?と、そんな感じです。まだまだですね^^;
逆にデジタルアートを作りたいと思うときもありまして
そんな時は思いっきり遊んじゃいます。

2007年01月29日 ヒロ URL 編集

こんばんは~♪

直球勝負! 絶対変化球は投げないぞ~ 派ですね。 (^^v
フィルムカメラの時代は、それが当たり前! 私もそうあるべきだと思っています。
落陽・・・、吉田拓郎を想像してしまうのは、もうすでにオジヤンなんだろうかぁ~(笑)

2007年01月30日 syk7 URL 編集

自分も撮ったものをそのまま出すようにしてますね。

少し修正(補正)して出す事もありますが
基本的には無修正(こう書くと危ない?w)ですよ!

銀塩の頃と違い、簡単に撮れ、その場で結果が見えるんですから
色々試行錯誤して撮影してみて
「撮り方」を覚えてるってのもありますけどね。

2007年01月30日 rum URL 編集

>ヒロさん

この写真は夕焼けの色合いも狙いましたが、それ以上に川に写りこむ夕焼けを狙ったんです。
ただ綺麗な夕焼けを撮るだけだと意図が何も無いですからね
後日何回か同じ構図で撮ってみたのですが、ここまで夕焼けが鮮やかに出たのはこの日だけでした、条件が良かったんでしょうね
寒い中粘った甲斐がありますw

私見ですが、RAW現像ソフトだと「何でも出来ちゃう」のが好きになれない理由ですね。
WBは勿論のこと露出補正まで出来るって・・・大抵の事がリカバー出来る or 後回し&事後処理で可能だと失敗は減りますが
失敗から学ぶ事も多いですからね。

ただ便利なのも事実で、D50だとカラーモード(セピアとかモノクロ)が搭載されていないので、
そういう写真にしたい時はソフトのお世話になってます。

2007年01月31日 カイ URL 編集

>syk7さん

男はやっぱりガチンコ勝負ですよ!なーんてw


結果は同じでも経路は違う、結果を予想しながらやるのと逐次いじって具合を見ながらやる違いでしょうか
前者がPhoto、後者がPictureと言った感じ
Pictureも写真を指す場合もありますが、どちらかと言うと絵、画像
この辺の違いかな~と思ったりもします。


あまり難しい事考えず、気楽に付き合って行くのがいいですね(苦笑)
吉田拓郎の落陽?わ、わかりませ~~ん(^^;

2007年01月31日 カイ URL 編集

>rumさん

基本的に無修正・・・と、なんとも怪しい響きですねぇ(爆)
皆さん、あまりいじってないんですね

撮影コストがかからないデジタル一眼レフの機動性の高さを活かした撮影ですね
私もどんどん撮って、失敗して次に活かした方が撮影技術が上がると思います。

ただ撮影状況が芳しくなくても、気軽に深みを出せるのがソフトの強みですね
記録より記憶にある鮮やかな発色、積極的にRAW現像する人はそれを求める傾向があるような気がします。
(中にはちょっと不自然な色合い、シャープさも見受けますが・・・)

何事も中庸が一番ですね・・・

2007年01月31日 カイ URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。