2017 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017 05

ブックマークボタン


プロフィール

カイ

Author:カイ(こんな人
Nikon D50OLYMPUS E-30を所有(Canon EOS 40Dは売却)
現在はE-30をメインに使ってます、相変わらず素人丸出しの試行錯誤な日々(苦笑)

デジタル一眼レフについて素人視点でグダグダ書き綴るよ。


デジタル一眼レフのコミュニティ&リファレンスサイト

デジタル一眼ライフ

こっちもヨロシク!

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

鉄ちゃんはたくましい

鉄道写真を撮るたびにいつも思うことがある。
鉄ちゃんはたくましい
鹿島鉄道 KR-505 小川高校下 - 桃浦

それは鉄ちゃん(鉄撮りしてる人)は逞しいと言うこと
先日のNOBUNOBUさんのブログもすごいと思った。




鉄ちゃんはたくましい
35度を超える猛暑、稲穂が伸びる田んぼの中の踏切
沿線を徒歩で回りベストポジションを探す人、滴る汗を拭いその時をひたすら待つ



鉄ちゃんはたくましい
遠方から遠征してくる人
この親子の車は多摩ナンバー、どうやら家族で来たようだ。
年配の人と夫婦、そして子供、おじいちゃんと一緒に来たのかな?
都会では見る事が出来ないのどかでのんびりとした空間がここにある。



鉄ちゃんはたくましい
身を切るような寒さと肌を突き刺すような強風の中
立つのも厳しい足場、必死にポールにしがみついてシャッターチャンスを待つ



鹿島鉄道を撮って行く中で様々な人を見た。
その誰もが逞しくそして力強い、その想いには頭が下がる気持ちでいっぱい
撮りたいから撮る、そのガッツを見習わなければならない。

2007年01月09日 かしてつ トラックバック:1 コメント:6

コメント

電車撮影は忍耐力いりますね!
一瞬のシャッターチャンスにめぐり合えば苦労なんて吹き飛ぶでしょうね~
私も見習わねば!

2007年01月10日 KETUNORI(^-^)ノ URL 編集

>KETUNORI(^-^)ノさん

かしてつは1時間に1本しかこないので、さらに忍耐力が・・・w
何度シャッターチャンスに失敗してorzになった事か(苦笑)

それでも止められないのは、一瞬のチャンスにかけものに出来た時がたまらないのからですね!

2007年01月11日 カイ URL 編集

こんばんわ。

>撮りたいから撮る・・・

どんなジャンルも、これにつきると思います。
鉄道は、たまたま相手がじっとしてくれないので・・・


自分は鉄道の持つ、色々な情感が、とても好きで
それを写真に表現できればいいな~と思っています。

鉄道って不思議な存在で、
人それぞれに、様々な思い出があって、イメージが膨らみやすい。

例えば、蒸気機関車を擬人化する人・・・

かしてつのキハ600形も戦前に、国鉄で生まれ、
戦争中の不遇を過ごし、戦後のどさくさの中で
鹿島参宮鉄道か常総筑波鉄道か忘れたけれども
払い下げで第二の人生を歩みだし・・・

関東鉄道から、現在の鹿島鉄道に至るのですが
その間、同じ様な流転の仲間が多数関東鉄道には在籍していたのに
たった2両のキハ601と602だけが現在も残る運命で、他はすべて廃車・・・

車両でこれだけ、「人生」を語れるのに
駅舎や、職員の方々、線路や色々なものでも同様・・・

歴史の他にも、「情感」を語るに事欠かない被写体なんです。

こんなこと書くと、変な人間と思われるかもしれない・・・
でも、そこが、面白いなぁ~なんて思っています。

鉄のなかには、鉄道と色々なかかわりを感じていると思うのですが、
自分の鉄道へのかかわり方は、そんな感じです。


これからも、鉄道憧憬の駄作を並べると思いますので
忌憚のないご意見いただければ幸いです。

2007年01月12日 NOBUNOBU URL 編集

かしてつって人気の鉄道なんですね~
私がこの前撮った長良川鉄道にはカメラマンは誰もいませんでした。
こんな中で撮るので目立ちます(^_^;)

1時間に1本ならまだましですね
こちらは、1時間半から2時間に1本ですよ

列車を待ってたら薄暗くなってしまいました。


2007年01月12日 かばやん URL 編集

>NOBUNOBUさん

鉄道は相手がこないのと、待ってる環境が苛酷(大袈裟)なのがニガテです(体の問題もあって長時間の待機がシンドイです。。。)
いつも車でさくっと撮ってさくっと次の現場へ向かうような撮り方です。
1日中重い機材を担ぎ、駅から駅へと歩いて撮影をする人を見て凄いなぁ~と思った次第です。


鉄に対する想いは人それぞれですね
私は小さい頃、よく父親に連れられて見に行ってたので、それの延長で写真を撮り始めたのと、風景(情景的なものや日常的なものなど)に、鉄道を配置するだけで一風変わった、鉄道の走る風景となる。
そんな風景を撮りたくて鹿島鉄道に通ってます。
かしてつの場合、廃線になってなくなってしまう前に在りし日の風景を撮っておきたいという気持ちが強いですね。

2007年01月13日 カイ URL 編集

>かばやんさん
かしてつはまもなく廃線なので、最近は週末のたびに凄い人手ですよ~
今日もフィーバー(違)してました

それにしても2時間に1本は待つの辛すぎ
去年餘部に行った時、2時間に1本で列車は諦めましたよ・・・
それほど辛抱強くありません!(苦笑)>私

2007年01月13日 カイ URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://d50.blog72.fc2.com/tb.php/63-2af6a682

鹿島鉄道

鹿島鉄道鹿島鉄道株式会社(かしまてつどう)は、茨城県に1路線を有する鉄道事業者|鉄道会社である。歴史1979年4月1日に、関東鉄道から赤字線の鉾田線を分離して

2007年02月02日 もえのblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。