2017 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017 08

ブックマークボタン


プロフィール

カイ

Author:カイ(こんな人
Nikon D50OLYMPUS E-30を所有(Canon EOS 40Dは売却)
現在はE-30をメインに使ってます、相変わらず素人丸出しの試行錯誤な日々(苦笑)

デジタル一眼レフについて素人視点でグダグダ書き綴るよ。


デジタル一眼レフのコミュニティ&リファレンスサイト

デジタル一眼ライフ

こっちもヨロシク!

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

メッセンジャー 激戦を伝える者たち

多くの激闘、感動をお茶の間に届けたカメラマンたち
今日はそんな”裏方”とも言える人たちにスポットを当ててみようと思う。


バックスタンド横、そこには多くの大砲が並ぶ、ゴーヨン、ロクヨンだろう。
この位置からピッチャーとバッターの対決やホームの決定的瞬間を撮る為だ。
カメラはD2系、1D系が多いようだが中にはD200も。
撮影はやっぱりクロップ高速モードだろうか、いつもはけたたましく感じるその音もこの時ばかりは歓声に掻き消されてしまう。
報道陣
黒はNikon、白はCanonだろうか
炎天下での撮影では白いレンズの方が黒ほど暑くならないというが・・・実際どうなんだろう。
確かに黒いレンズは暑い、炎天下では暑くなりすぎて持っていられない時もある。
もう一説によると、TVなどの中継で自社のレンズが見分けつきやすい為、とも言われている。


ベンチ横、どちらかと言うとここには太い大砲が並ぶ。
ちらほらズームレンズも見受けられるようだ。
報道陣
白より黒が多いようだ、あの太い玉は200mm F2だろうか。
ファールボールの飛来など危険を伴うポジション、それでも決定的瞬間を逃すまいと気迫を感じる。


選手達を応援するベンチの様子を捉えるカメラ
グランドの状況に一喜一憂する様を逃すまいと必死で喰らいつく。
報道陣
闘っているのは選手達だけでない、甲子園では皆が闘っているのだ。


夢破れた者たち、勝者がいれば敗者もいる。
悔しくて涙が溢れるシーンを撮るものたち
報道陣
よく頑張った、お疲れさま

ファインダー越しにかける言葉は健闘を称えるメッセージ


ドラマを織り成す選手と応援
ドラマを伝える報道
これらが一体となった時、日本中がアツくなる。



2006 暑い夏をありがとう


使用レンズ:SIGMA APO 80-400mm F4.5-5.6 EX OS

報道陣の写真を撮っていたのでついでに載せてみました、今回でほんとーに最後ですw
三脚の使用は報道陣だけ認められています、一般の観客は一脚もしくは手持になります。



以下、簡単に撮影状況を
外野から撮影した時の状況は晴天下で

撮影モード:絞り優先AEモード
測光:スポット測光
シャッタースピード:1/160秒~1/320秒(場合によってはもっと落ちる)
F値: 8.0(固定、シャッタスピードが速ければもう少し絞る)
ISO:200(固定、シャッタスピードが遅い場合1段増感する)

でした、屋外で晴れている割に意外とシャッタースピードが稼ぎづらいというのが感想です(曇りの場合、更にシャッタースピードが遅くなる)
超望遠でシャッタースピードが遅いので、手ぶれ補正が無いとまともに撮影は出来なかったのではないでしょうか。

それと強烈な西日で露出補正無しでは白飛びしがちなので補正が難しいです、ホーム付近は補正量を多めに、逆に1~3塁は補正なしで丁度いいくらいです(応援席も)
マニュアルモードでちょいちょい変更しながら撮った方が楽かもしれません。

2006年08月21日 スポーツ トラックバック:0 コメント:8

コメント

こんばんは。

やはりプロのスペックは凄いですね。凄すぎて参考に全くなりませn(笑)

高校野球報道について…。
私が見に行った地方予選もそうでしたが、カメラマンは選手とコミュニケーション取ったり、また敢えて声をかけずに自然な表情撮ることに集中してますね。その方が雄弁な写真が撮れますから。私も実感しました。
一方TVカメラには、時として不愉快な思いをさせられた事もあります。動画ですから、「演出」を求めてくるんですよね…。応援席の様子を取るにも写真はなるべく自然な表情を狙ってるのに対して、テレビクルーは応援団に立つ位置指定したり、必死の応援中に場を仕切ったり…。

「熱闘甲子園」嫌いなわけではないですが、昔とちょっと高校野球の扱いが変わって来てる事に「オールドファン(笑)」の私としてはちょっと残念な気がします。

選手達の必死なプレーと、それを支えるスタンド。出来るだけ自然なありのままを伝えて欲しいものです。
ありのままでも、充分にドラマチックなのですから。

ちょっと雄弁なとぉでした。

2006年08月21日 とぉ URL 編集

確かにこの暑さの中、レンズは大丈夫なのかしら?
歪とかおきないのかな?
視点を変えてカメラマンを主題に撮るっていうのも新鮮でいいですね。

2006年08月22日 POKOパパ URL 編集

夏の甲子園、行ったことはあるんですけど
裏方さんに目をやったことはなかったです。
あの暑さ...お仕事とはいえ大変ですよね(^o^;
戦ってる選手の人たちも、応援してる人たちも。

今年も数々の良い試合、感動
ありがとう♪って感じでした。
再試合は仕事で見れなかったんですが(ノДT)アゥゥ

2006年08月22日 いいこ URL 編集

>とぉさん

おっ!今日は随分と雄弁ですねw


ゴーヨン、シグマのゴーヨンゴの中古なら何とか・・・と思ってしまった私はヤバイでしょうか?(AF-Sは無理なのでAI-Pね)
これを買ったら「私は沼にハマってます!」と言えそうです(爆)
さすがに手持ではいけそうにありません、それにD50じゃ役不足だし。。。

やはり被写体とのコミュニケーションは重要ですね
おねーちゃんもペットもコミュニケーションがステキな笑顔を引き出しますしね!



高校野球は私は中継と結果(ニュース)くらいしか見ないので・・・
熱闘甲子園、ちょっと過剰に演出してる感じがしないでもないですね(^^;

2006年08月22日 カイ URL 編集

>POKOパパさん

どうなんでしょうね、あまり高温までは保証されてなかったような気がします。
EDレンズは温度によって多少伸縮するようですね。


カメラマンを主題にしてみましたが、カメラマンに興味を持つのはカメラマンのみ、なのかも・・・w

2006年08月22日 カイ URL 編集

>いいこさん

裏方さん、正に裏方なので中々目がいかないですね。
自分もカメラ持たずに行ってたら特に見ることは無かったのではないか、と思います。
暑い中でも黙して語らずチャンスを待つ・・・お茶の間で野球を見れるのも彼等がいるおかげですね。


今年の野球は暑かったですね~

2006年08月22日 カイ URL 編集

夢潰えた球児たち・・・あぁわかるよその気持ち。
僕もかつて競技は違えど、戦い、しかし夢潰えた人間なので・・・。
今はただ、ゆっくり休んでもらいたいものです。

セピア色がいい味だしてますね。

2006年08月22日 michigon URL 編集

>michigonさん

勝者の影に隠れてしまいますが、それによって産まれた敗者
自分たちの力不足を痛感し、来年に向けて頑張って欲しいです。


セピアもたまにはいいですね、特に高校野球のようなイベントはw

2006年08月23日 カイ URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。