2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017 06

ブックマークボタン


プロフィール

カイ

Author:カイ(こんな人
Nikon D50OLYMPUS E-30を所有(Canon EOS 40Dは売却)
現在はE-30をメインに使ってます、相変わらず素人丸出しの試行錯誤な日々(苦笑)

デジタル一眼レフについて素人視点でグダグダ書き綴るよ。


デジタル一眼レフのコミュニティ&リファレンスサイト

デジタル一眼ライフ

こっちもヨロシク!

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

それは妥協の決断? EOS40D その11

今日はライブビューについて
EOS 40D ライブビュー

EOS 40Dではライブビューが使えるようになった(天体用の20Daも出来たけど)
光学ファインダーの視野率が95%なのに対し、ライブビューは100%となる。
と、言ってもコンパクトデジは昔から100%だったが・・・
ライブビューが出来るのが30Dとの大きな違い・・・か?

ライブビューは2007年秋に出た中級デジタル一眼レフは大半が装備していた機能
何故かそういうのダイスキそうなSONYのα700が装備していなかったのが気になった。
16:9のアスペクト比もファインダーだけでは生かせまい、と個人的には思うのだが

ライブビューを行うにはメニューから設定する必要がある。
設定する事により、サブ電子ダイヤル中央のSETボタンを押下する事でライブビューに一発で移行出来る。
Nikon様のD300とかD3みたいにめんどくさくなく一発で移行出来る、やっぱこーでないと。

ちなみに私はカメラユーザー設定C1をライブビュー用にした、他に
・ライブビュー中のAFをしない
・2秒タイマー
・格子表示
も設定してある。

ちなみにライブビュー中のAFはTTL位相差検出式なので、一旦ミラーが下がってAFを行って再びミラーアップするタイプ
パタパタウザイのでOFFにしてある、しかし後発のEOS Kiss X2はコントラストAFに対応している。
CanonはEOS 2桁をないがしろにしてないか?
まぁライブビューなんて1000回に1回くらいしか使わないからいいんだけどさ



SETボタンを押下するとこんな感じの画面になる。
EOS 40D ライブビュー表示
格子が表示されるのは等倍の時だけ

ライブビュー中は拡大ボタンを押下する事で等倍→5倍→10倍と拡大率を変更できる。
これは5倍
EOS 40D ライブビュー 5倍表示
尚、ライブビュー中に絞込みボタンを押下すると露出補正等が適用された画になる(写真上)

10倍表示した画面
厳密なピント合わせに持ってこい
EOS 40D ライブビュー 10倍表示
余談だが、何故ライブビューだとピントの山が分かりやすいのに、撮影後の再生だと分かりづらいのだろうか
やはりこれもEOSの仕r



風景撮影やマクロ撮影で力を発揮しそう
でも滅多にやらない(笑)ので、使う事は早々ないだろう。
等倍撮影くらい光学ファインダーでばっちり決めるぜ!

2008年02月16日 EOS 40Dインプレ トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。