2007 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2008 01

ブックマークボタン


プロフィール

カイ

Author:カイ(こんな人
Nikon D50OLYMPUS E-30を所有(Canon EOS 40Dは売却)
現在はE-30をメインに使ってます、相変わらず素人丸出しの試行錯誤な日々(苦笑)

デジタル一眼レフについて素人視点でグダグダ書き綴るよ。


デジタル一眼レフのコミュニティ&リファレンスサイト

デジタル一眼ライフ

こっちもヨロシク!

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

欲しかったものが詰まったE-3 其の壱

Nikon D300より個人的に気になっていたOLYMPUS E-3
E-1から4年、満を持して登場した1台はE-2ではなくE-3
デジタル一眼レフが第3世代に入ったと言うことだろう


3つの超音波が夢(と言ったら大げさ)を現実にしてくれた1台

1つは初代E-1から付いていたゴミ取り
もう1つはE-510で搭載されたボディ内手ぶれ補正
そして最後の1つは超音波モーターによるレンズのAF駆動

ついにこの3つがOLYMPUSと言う光学機器メーカーのフラッグシップ機で現実となった。
この辺、去年PENTAXのK10Dが出たときも悩んだんだよね。
でもK10Dはゴミ取りの効果がイマイチ?だし、超音波モーターは来春以降発売、と言う事で見送り


発売日、D300は展示されていたのに何故かE-3は置いてなかった。
ただ一言「在庫あります」とだけ、プライスは169,800円
カメラは使ってみてフィーリングが合ったら買う派、そんなわけでひとまず保留

翌週、店頭で見かけたE-3はゴツかった。
D2系のバッテリーグリップがない版、F6のようなたたずまいだった。
見るからに堅牢、持って見たらD300の比ではなくDヒトケタ系?
そんな感じの堅牢さ、キリマンジャロでロケテストしたのは伊達じゃないぜ!
って言ってるような感じだった。

手にとって見る、チクソモールド法で作られたマグボディはずしりと重い。
はじめてD200を手に持った時の気負いしてしまうかのような風格
D300とほぼ同じ重量の割りに手首にずしりと来る。

ファインダーを覗いてみる、1.15倍の超高倍率に100%の視野率、まさにプロ仕様
ピントの山も見やすくAF測距点もちょうどいい感じの配置
全点ツインクロスセンサーで中央部も周辺部も同じ精度
スクリーンマットも交換可能、こいつぁすごいぜ
OLYMPUSのやる気をひしひし感じる。


店頭で触った個体には最新の12-60mmではなく、旧来の14-50mmが装着されていた。
それでもAFの速さはNikonのAF-S、CanonのEFとなんら遜色なく静か
正確さは使い込んでみないと分からないが、多分問題ないだろう。
動体の撮影はCanon、Nikonと比べてどうだろう?その辺が気になるところ
でもきっと大丈夫、こいつならやってくれるだろう。

シャッタースピードを落として手ぶれ補正のチェック
公証最大5段との事だが、3~4段は問題なくOK、5段は根性次第?

私はボディ内手ぶれ補正大賛成派
物理的に取り付け不能な単焦点レンズや、安価な望遠レンズでも利くのは大きい
この辺、一部のレンズにのみ搭載されているCanonやNikonでは味わえない優越

いつ使うって?結婚式とかフラッシュ禁止の場所w
高感度が強い事に越したことないよ?そりゃあ粒状間も場合によっては雰囲気出るし
でもそれに増して手ぶれ補正が利けば夜景なんかも手持ちで撮れちゃうってわけよ
もう三脚なんておさらばーって感じ?

そして2軸式のライブビュー
ローポジ、ハイポジでの撮影も可能、当然手ぶれ補正も機能
これのおかげで地面に這いつくばらなくても撮れたり、ハイポジから見下ろしたような写真も簡単に撮れるわけ
撮影の幅を広げてくれるね、ただコンデジっぽく見えなくもないけど・・・
レスポンスもそんなに悪くないし大賛成、これのおかげでボディ剛性が高くなってるし
ただ、OLYMPUSのロゴが反対になってしまう間抜けさ
こんなところにロゴ要らないじゃんw




ただ、手放しで褒められないのが世の常、完璧な製品などこの世にはないのだ。
長くなったので続く(かも知れない)
スポンサーサイト

2007年12月03日 レンズ、機材 トラックバック:- コメント:-

DXフォーマットのフラッグシップ D300

α700から遅れること半月、NikonからD300が発売に(同日、オリンパスからもE-3が発売に、それはまた後日)
α700の発売日にカメラのキタムラの店員に注文状況を聞いたら
「入荷するかどうかすら分からない」と、言っていた。
でも現実は「在庫あります」
まぁ、それはいいとして


ディスプレイ(展示機)を手にとり使ってみる、基本はD200と同じ感じ
背面の液晶は3型になり92万画素となった、これはα700と同じ
ほんと、綺麗になった。

ファインダー視野率が100%になってD200よりちょっと広く見えるものの、よく考えたら隅の方ってあまり見ない
51点AF測距もそんなに必要ないだろ、と個人的に(これは11点に変更可能)
センター15点にクロスセンサーが密集してるのもどーかな?と
もう少し全体に分散した方が使い道があると思う。

AF-C+3Dトラッキングで歩いてる人を撮ってみる。
中々面白いけど・・・そんなに使うのこれ?と言った感じ。

ライブビューは「切り替える操作が面倒」と雑誌に書いてあったけど正にその通り
いちいちロックボタン押してダイヤル回すのめんどくさい
カスタムボタンでパッと切り替えられるといいかも?(出来るのかもしれないけど)
ライブビュー使う機会って殆ど無い(星の撮影くらい)だからいいけど


カメラとしての作りは中級機の中では最強(と個人的に)
堅牢さではD2系やE-3の方が上だと思う。
やっぱり(自分の中での)「カメラらしいカメラ」だなってのが感想

欲しいか?と言われるとうーんって感じ
ニコンってレンズのラインナップ自分の好みといまいち合わない。
それにD300に合うレンズって言ったらAF-S DX17-55mmとか今度出る24-70mmでしょ
それじゃいくら金あっても足りない・・・






D200の中古が暴落してるよう(10万以下)なので、1台買って見ると面白いかなーと
でもデジタル家電は新しいものに限る。
じゃあS5Pro?

2007年12月03日 未分類 トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。