2006 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2006 09

ブックマークボタン


プロフィール

カイ

Author:カイ(こんな人
Nikon D50OLYMPUS E-30を所有(Canon EOS 40Dは売却)
現在はE-30をメインに使ってます、相変わらず素人丸出しの試行錯誤な日々(苦笑)

デジタル一眼レフについて素人視点でグダグダ書き綴るよ。


デジタル一眼レフのコミュニティ&リファレンスサイト

デジタル一眼ライフ

こっちもヨロシク!

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

我が家の長玉たち

ここに並ぶは私が所有する3本の望遠ズームレンズ
手前からNikon AF 80-200mm F2.8D 、 SIGMA 80-400mm F4.5-5.6 EX OS 、 SIGMA APO 170-500mm F5-6.3の3本
効率よくレンズを買ってきたつもりが何故か望遠だけ焦点距離がびみょ~に被ってます(汗)
我が家の長玉たち

伸ばすとこんな巨砲に・・・
伸ばしたところ
それぞれの長所、短所があって、出かける際はどれを持っていくか判断が難しいです。


Nikon AF 80-200mm F2.8D
詳しいインプレッションはコチラをご覧下さい。

長所
現行モデルには無い重厚さ、梨肌の質感高い鏡筒が特徴、解像度の高い描写、ひじょーにシャープな画を出します。
これ以上の画質を求めるなら単焦点を買うしかないと個人的には思ってます。
それと直進ズームの操作性、MFで撮影をする人にとってはこの操作感はたまりません(ヤミツキw)
回転トルクや幅も絶妙、いちいち持ち替えなくてもズームとピント合わせを一度に出来てしまうのですから。
最近はCanonくらいしか出してないのが寂しいです・・・>直進ズーム

短所
焦点距離が足りない事、もっとも私の使い方が特殊なのですが・・・運動会くらいならこれでバッチリだと思います。
素性がいいだけに非常に惜しい。。。100-300mmとかだったら150-450mm相当でまた違ったかもしれません。

このレンズで撮影した1枚
真岡鉄道
真岡鉄道(折本 - 樋口)


SIGMA 80-400mm F4.5-5.6 EX OS

長所
手ぶれ補正機構が付いている事、シャッタースピードにして3段分の補正効果があり、あらゆるシーンで超望遠を活かす事が可能です。
また、広角側が80mmなので標準ズームレンズとつながりがいい事、航空祭では演目~アップまでバッチリな焦点距離です。
ズーム全域で解像度の高い描写もお気に入り、望遠端でもコントラストの低下は特に感じません。
三脚座は一応取り外し可能(レンズ単体の時のみ)、この三脚座は持ち運びにひじょーに便利w

短所
でかくて重いこと、レンズ単体で約1.8kgでD50に装着すると2.4kg程度、さすがに重いです(80-200mm、170-500mmのD50装着時の約1.8kgとは明らかに違う)
それと周辺減光が多め(という書き方で適正だろうか?)であること、2段絞っても解消されないです(更に絞ると目立たなくなる)広角と違い風景を写すことが少ない望遠レンズでは周辺減光はあまり歓迎できたものではありません(特に飛行機の撮影では目立ちます)
ソフトで周辺減光補正が出来るのでまぁ許容できますが・・・
それとAFの精度がイマイチな感じ、動きものの1枚目はピントを外しやすいようです(止まり物の撮影なら特に不満は感じません)
とは言いつつ、最近我が家で一番稼働率の高いレンズw

このレンズで撮影した1枚
Sirius
伊丹スカイパークにて BOEING777-200 STAR JET(Procyon)


SIGMA APO 170-500mm F5-6.3
詳しいインプレッションはコチラをご覧下さい。

長所
何といっても望遠端500mmの超望遠、APS-Cなら750mm相当だ!
それと脱着が容易な三脚座、三脚座が外せるレンズは手持ちが基本です(違)

短所
望遠側の開放F値が暗いこと、シャッタースピードを速くしづらいので手ぶれの危険が高まります。
さらに遅くて迷いやすいAF、MFでピントを合わせようにも配置の悪さとスカスカのピントリング、遅いAFで我慢してやるしかないんです。
望遠端でのコントラストの低下、300mm以上の距離ではねむーい画になりがち(上手く使えばさほど気にならないレベル)
おまけにレンズ前球がデカいので、フィルター径が86mmと尋常ではない(一般的に売られてない、そして高い)
当然買えません、中古の安い単焦点買えちゃいますよ・・・

このレンズで撮った1枚
着陸の瞬間
成田市さくらの山公園にて(脚立使用)



それぞれを一言で言うと
写りは文句なしなものの焦点距離が短くて歯がゆい思いをする80-200mm
重さとデカさを我慢すれば手ぶれ補正もあるし一番活躍のシーンが多い80-400mm
開放F値が暗くて使いづらく、手ぶれ補正レンズにお株を奪われた170-500mm
と、言った感じでしょうか

レンズは使わなければ勿体無いので、SIGMA APO 170-500mmはドナドナ(ヤフオク予定)します!(←欲しい人います?)
やはり手持ち派には暗い + 焦点距離の長いレンズはしんどいのだ。強固な三脚を持つ人の所に嫁にいけばあらゆるシーンで活躍出来るでしょう。
取り合えず今週末チェックして撮影してかるーく清掃して・・・

続いて80-200mmも出撃するカモ、ポートレートにピッタリなものの滅多に撮らないし
この2本を売ってヘソクリから+αでD80を・・・嘘




SIGMAさん、50-500mm HSMにOS(手ぶれ補正)付けてください、20万でも買いますからw
やっぱり400mmより500mmの方が迫力あるしなぁ・・・
長玉単焦点が買えない貧乏人なのでズーム+手ぶれ補正で凌ぐしか出来ません(苦笑)
スポンサーサイト

2006年08月23日 レンズ、機材 トラックバック:0 コメント:8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。